アラフォーママの雑記ブログ

4歳差姉妹(小2&年少)の育児に奔走するアラフォーワーママの雑記ブログ。

浜松恐竜ワールド2019へ行ってきました!動くティラノサウルスは迫力満点!!【2019夏休み日記】

f:id:xiaocaiaya:20190819151225j:plain

 

こんにちは、あやぞうです。

 

夏休みのお出掛け日記、まだまだ続きます♪

 

連休3日目はこの夏イチオシのビッグイベント、

浜松恐竜ワールド2019に行ってきました!

 

mamazakki.hatenablog.com

 

今回も写真たっぷりでレビューをお届けします♪

 

アクトシティに恐竜が大集合!

今年は各地で恐竜関連のイベントがたくさん開催されていて、個人的には「恐竜の当たり年!?」なんて思っていますが、ここ浜松にももれなく恐竜たちがやってきました!

子供たち以上に行く気満々だった私。

1日半しかないパパのお休みを待って、ようやく行ってきましたよ!

 

午前中は混むだろうと予想して、午後のゆっくりめの時間に行ったので入場待ちの列もなくスムーズに会場へ。

入口のパネルだけでテンションが上がります↑↑↑

f:id:xiaocaiaya:20190819115432j:plain

会場入り口は大きなパネルが目印

 

入口横には子供用のジュニアワークシートが用意されていて、会場内を回りながら恐竜に関するクイズの答えを探していきます。

長女も挑戦してみたけど、意外と難しい&歩きながら描くのが面倒ですぐに投げ出しました(;・∀・)www

f:id:xiaocaiaya:20190819115501j:plain

恐竜クイズに挑戦できるワークシート

 

決して広いとは言えない会場なので、蛇行しながら各所に骨格標本や化石が展示されているので見逃さないように注意!

f:id:xiaocaiaya:20190819115537j:plain

頭の上もお見逃しなく!

  

f:id:xiaocaiaya:20190819115032j:plain

壁に映る影もカッコいい!

 

f:id:xiaocaiaya:20190819115647j:plain

ステゴサウルス

 

途中で何ヶ所か、実際に触ることができる化石もありました。

こちらはアパトサウルスの上腕骨だそう。

f:id:xiaocaiaya:20190819115710j:plain

「ぬるぬるしてる!」by次女

 

面白いな~と思ったのがこちら。

肉食恐竜のフクイラプトル植物食恐竜のフクイサウルスの骨格比較。

並べてみると違いがわかりますね!

f:id:xiaocaiaya:20190819131351j:plain

肉食VS植物食…違いがわかる?

 

 トリケラトプスと、トリケラトプスによく似た恐竜たちの比較も。

f:id:xiaocaiaya:20190819131437j:plain

トリケラトプスとそっくりさんたちw

 

背中にトゲをたくさんもつ恐竜の骨格ってこうなってるんだ!

ひとつひとつ、小さな島のような骨がありました。 

f:id:xiaocaiaya:20190819131508j:plain

これなんだっけ?アンキロサウルス?



f:id:xiaocaiaya:20190819131923j:plain

着色された恐竜もいました

 

大迫力!動くティラノサウルス

順路に沿ってぐるっと1周、骨格標本やパネルを楽しみながら進んだ先に、ついに今回のイベントの目玉、動くティラノサウルスが登場!

大きな鳴き声を響かせながら、今にも襲い掛かってきそうな迫力です!

 

全体はこのサイズ!

足元には無残にも捕獲されてしまったトリケラトプスの頭が…。

ちなみに胴体は食われてます(;゚Д゚)

なかなかシュール…。 

f:id:xiaocaiaya:20190819132034j:plain

で…デカイ!!

 

みんなスマホ片手に写真や動画撮影に夢中!

ベストポジションは頭の少し右か左に寄ったところ。

ティラノサウルスが頭を左右に振って口を大きく開けた時が狙い目です!

さらに時々ムシャムシャと獲物を食べる仕草もあって、もうほんとに今にも歩き出しそうなくらいリアル!って、リアルで恐竜見たことないけどwww 

 

 

化石発掘体験&アンモナイトのレプリカ作り 

大迫力のティラノサウルスの横では、「化石発掘体験」と「アンモナイトのレプリカ作り」の2種類のワークショップが開催されていました。

f:id:xiaocaiaya:20190819132102j:plain

ワークショップも大人気

体験大好きな娘たち。

もちろん両方とも参加してきましたよ~。

どちらも1回300円です。

 

化石発掘体験

まずは「化石発掘体験」から。

券売機でチケットを買って受付のお姉さんに渡すと小さな紙コップを貰えるので、砂の中からうまく化石を掘り出してコップに砂ごと入れていきます。

次女はフツーに砂遊びだと思って遊んでました(^_^;)

 

f:id:xiaocaiaya:20190819132136j:plain

一見ただの“砂場”

 

よ~く見てみると、小さな化石らしき物体がたくさんあるので、それを狙って周りの砂と一緒にコップへ。

f:id:xiaocaiaya:20190819132222j:plain

化石を狙ってホリホリ。

 

f:id:xiaocaiaya:20190819132200j:plain

砂しかすくってないwww

 

コップがいっぱいになるまで砂を入れたら、隣のテーブルに移動。

トレーにコップの砂をザーッと広げ、ピンセットで砂の中から化石を探していきます。

f:id:xiaocaiaya:20190819132244j:plain

見つかるかな~?

 

アンモナイト(?)とか、牙とか、結構わかりやすい化石がたくさん入っているので、3歳児でも簡単に見つけられました。

f:id:xiaocaiaya:20190819132301j:plain

あった!

 

 

f:id:xiaocaiaya:20190819132441j:plain

黙々と探し続ける長女

 

f:id:xiaocaiaya:20190819132504j:plain

たくさん出てきたよ!

 

この中から一つ好きなものを選んで持ち帰ることができます。

長女は牙、次女はアンモナイトを持ち帰りました。

写真撮るのわすれたー(;・∀・)

 

今人気のレジンで固めてキーホルダーにしても良さそう♪

 

アンモナイトのレプリカ作り

続いて「アンモナイトのレプリカ作り」を体験。

こちらも先に券売機でチケットを買って、先ほどと同じ受付でお姉さんに渡します。

今度は紙粘土とアンモナイトの型をもらいました。

型は全部違うので(本物の化石跡なのかな?)、好きな型を選んで作ります。

他の人が使っている型が欲しい時は、終わるのを待ってから作ることになります。

 

f:id:xiaocaiaya:20190819132549j:plain

アンモナイトづくりの材料

 

 まずは粘土が柔らかくなるまでよくこねます。

f:id:xiaocaiaya:20190819132717j:plain

粘土遊び大好き♪

 

粘土が柔らかくなったら型に押し当てて、5分待機。

 

f:id:xiaocaiaya:20190819132741j:plain

再び黙々と作業中www

 

5分経ったら型からそっと取り外し、ドライヤーで乾燥させて完成!

めちゃくちゃ簡単にできちゃいました。

そしてまた現物の写真なし…(;'∀')

 

袋に入れて持ち帰るのですが、家に帰って開けてみたら湿気でまた柔らかくなってしまっていたので、袋から出して完全に乾くまで何日か放置しました。

完全に乾いたら絵具などで色を付けるんだそうですが、まだ未着手www

そのまま忘れ去られそうです…。

 

感想まとめ

さて、この夏イチバンの目玉になる予定だった恐竜ワールド。

確かに動くティラノサウルスは大迫力ですごかった!

 

すごかった、けど…。

展示物の見学から体験まで含めて所要時間1時間。

少し前に行った豊橋市自然史博物館が記憶に新しい長女には、ちょっと物足りなかったようです。

 

mamazakki.hatenablog.com

 

確かにこれで入場料1,300円はちとお高いかな? 

前売り1,100円でもまだ高いなー。

だって、のんほいパークなら入園料だけで動物園も恐竜も遊園地も楽しめちゃうもんね!大型映像や遊具は別途必要だけど、それ込みでもまだお得感!

 

ということで、今度はまたのんほいパークに行こう!ということで着地。

ホントは福井の恐竜博物館に行ってみたいんだけどね~。

さすがに遠いので無理か。

 

ちなみに、浜松恐竜ワールド2019は9月1日まで開催中です。

お高いけど行ってみたい!という恐竜好きさんはぜひどうぞ♪

動くティラノサウルスだけでも見る価値あると思いますよ~。

 

では!