アラフォーママの雑記ブログ

4歳差姉妹(小3&年中)の育児に奔走するアラフォーワーママの雑記ブログ。

ポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』を見に行ってきました!※ちょびっとネタバレあり

f:id:xiaocaiaya:20190808153513j:plain

こんにちは、あやぞうです。

 

昨日は午後から仕事をお休みして、長女と二人で現在公開中のポケモン映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』を見に行ってきました。

小学校に入るまではポケモンにはあまり興味がなかった長女でしたが、学童に置いてあるポケモン図鑑に図鑑好き心をくすぐられたのか、すっかりポケモン好きに。

ポケモン映画のDVDもたくさん見ていました。

そんな長女、春先に劇場でミュウツーの予告編を見てからずっと

 

早くミュウツーの映画見たい!!

 

と言っていたので、ようやく念願かなって大興奮w

 

ちなみに長女も私もポケモン映画を劇場で見るのは初めて。

初めてのポケモン映画がフルCGなんて、贅沢ですね~。( *´艸`)フフ

さてさて、その感想は…?

※多少のネタバレ含みますので注意! 

 

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』 あらすじ

「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」の二つを持つ冒険者の前にだけ現れるといわれている幻のポケモン・ミュウ。

そして、その化石を元にしてつくられた最強のポケモン・ミュウツー

「ここはどこだ…。わたしは誰だ…」

人間のエゴによってこの世に産み落とされたミュウツーは、次第に人間に対する憎悪の念を宿していき、人間への復讐をはじめる…。

 

▼予告動画▼


【公式】「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」予告2

 

旧作見ないで待った甲斐があった!

映画の告知が始まる前に、旧作の『ミュウツーの逆襲』をレンタルしようと思ったことが何度かありましたが、なんとなく借りそびれていました。

そんな矢先に劇場で夏に『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』が公開になることを知り、旧作を見るのを我慢して公開を待っていたんです。

旧作見てからの方がいいんじゃない?という意見もあるかと思いますが、私的にはリメイク版の公開まであまり時間がなかったので、今さら先に旧作を見てもかえってネタバレ感が強まるだけかな~と思って敢えて旧作を見ずに劇場に足を運びました。

特にまだ長女ぐらいの年齢だと、下手すると

一回見たからもういいよ

ってことにもなりかねないので(;^ω^)

フルCGとかそうじゃないとか、あんまり関係ないのよね~。

 

で、散々我慢させてからの『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』鑑賞となったわけですが、結果大正解◎

夏休みに入ってから毎日のように「ミュウツー見たい」「ミュウツーまだ?」「ミュウツー早く見たいな~」と繰り返していた娘。

いざ映画が始まると、ストーリーそっちのけで喋ること喋ることwww

ちょっと静かに見なさいよw

と何度注意したことか…(^_^;)

まぁ、そんなに喜んでくれると母としても嬉しいけどね。

 

フルCGはとにかく質感がスゴイ!

今回の映画でいちばん感動したのは、フルCGの映像の綺麗さ。

背景の景色はもちろんだけど、ポケモンたちの質感がすごく良く表現されてて、モフモフした毛の質感とか、ゴツゴツして硬そうな質感とか、ポケモンにあんまり詳しくない私的には「へぇ~、このポケモンってこんな感じなのかぁ」ってイメージが膨らんで、すごくわかりやすかったです。

今どきはゲームも全部フルCGの時代だから、“映像はきれいで当たり前”なのかもしれないけど、旧作のミュウツーを見ている世代にとっては絶対感動モノだと思います。って、私は旧作見てないけどw

 

迫力のバトルシーン 

ポケモンといえば、お楽しみはやっぱりバトルシーン!

特に炎の演出は迫力満点で思わず見入ってしまいました。

バトルシーンの途中で本物のポケモンとコピーのポケモンの違いがわからなくなって、

 

どっちが本物!?!?!?

わからーん!

 

なんて混乱するシーンもありましたが(初めのうちはコピーポケモンは模様が違ってたのでわかったけど、途中から入り混じってわからなくなったw)、話の流れから推察しつつ楽しみました。

私はポケモンの名前が全然わからないので(ピカチュウとイーブイぐらいしか知らん)、ちょいちょい娘に教えてもらいながら見てました(でも結局覚えてないwww)。

 

可愛いキャラクターにほっこり

バトルシーン以外では、可愛い系のポケモンたちに癒されました。

モフモフのピカチュウや、ピジョットの鳥感(?)、あと名前よくわからないけど可愛い系のポケモンたちがCG効果でより可愛く描かれていて、ストーリーとは別のところでオバサン的にはほっこりさせていただきましたwww

そういえば昔、ポケモン全然わかんないくせにぬいぐるみとか沢山持ってたな。

 

ミュウツーは文句なしにカッコ良かった!

全編見終わって劇場から出た瞬間、思わず娘と二人で

 

ミュウツーめっちゃカッコいい!

ミュウツーめっちゃカッコいい!

 

とハモっちゃうくらい、本当にミュウツーはカッコ良かった!!

 

何がカッコいいって、市村正親さんの声が激渋ッ!

※大人の感想ですw

 

娘はミュウツーの“最強”なところがカッコ良かったらしいです。

確かに、強さハンパなかったもんね。

これどうやって落とすんだろって真剣に考えちゃったっけ。

 

クライマックスは涙!

※ネタバレ感想です。

ミュウとミュウツーの戦いをとめるために攻撃の中に飛び込んで石化してしまったサトシにピカチュウが必死で呼びかけるシーンはめちゃくちゃ泣けました!

もうなんか切なくなっちゃってね。オバチャン涙腺崩壊ですわ。

まさかポケモン映画で泣くとは思ってなかったので不意打ちくらいました。

それにしても「ピカ」だけでみんなを引き込む大谷育江さんの演技力には脱帽です!

「ピカピ!」って言ってるのに、「サトシ!」って聞こえるんですから。

 

でね、何が困るって、泣けるシーンになると必ず娘が私の顔を覗き込むんですよ。

泣いてるか確認するわけです。

で、ニヤッと笑って「泣いてるの?www」って。

嫌なヤツ!

あー、泣いてるさ、泣いて何が悪いのよ!

…とは言わず、弱みを見せまいとグッと涙をこらえる母なのでしたw

 

最後に

今回初めてポケモンの映画を劇場で見ましたが、思っていたよりずっと楽しめました。

『ミュウツーの逆襲』は名作だと言われていますが、その理由が少しわかったようなわからないような…ということで、旧作も見ます。 

 

余談ですが、映画料金が値上がりしたんですよね~。

大人料金が1,900円、子供が1,000円。

今回は長女と二人、前売り購入での鑑賞だったので合わせて2,300円でしたが、次女も一緒に3人でマトモに見ると1回の映画鑑賞で3,900円。

結構な出費ですなぁ…。

この夏は『トイストーリー4』『ライオンキング』『ペット2』と見たい映画が目白押しだけど、流石に全部見るとなると相当な出費になっちゃう(^_^;)

どうせ見るなら前もってチケット買っとけばよかったな~。

とりあえずあと1本ぐらいは劇場で見て、残りはDVDになるのを待つとします。

 

 

では!