アラフォーママの雑記ブログ

4歳差姉妹(小3&年中)の育児に奔走するアラフォーワーママの雑記ブログ。

【敬老の日】祝ってもらう側のシニアのホンネ大調査!楽天市場『敬老の日特集2019』

f:id:xiaocaiaya:20190829145217j:plain


こんにちは、あやぞうです。

 

夏休みも終わり、次に控えるイベントといえば「敬老の日」ですね。

 

私の祖母は9月16日が誕生日で、ハッピーマンデー制度が始まる前までは9月15日が敬老の日だったので、誕生日と敬老の日をセットでお祝いするのが習慣になっています。

ちなみに祖母は今年で90歳になります。

プレゼントで欲しいものはないかと尋ねても、

「90年も生きていると、もうそんなに欲しいものはないのよ」

とニコニコと笑う祖母。

特に欲しいものはないようなので、ここ数年はちょっと奮発して雰囲気の良いお店で食事会をするのが定番で、それにプラスして祖母の好きなお花をプレゼントしています。

 

普通に売られている花束や鉢植えでは工夫が無いので、本人が買えないような少し変わったお花を毎年ネットで選んで送っていて、今年はどんなお花にしようかと例によって楽天を見ていたら、面白い企画を見つけました。

 

なんと、

『敬老の日 ホンネ調査』ですって!

 

f:id:xiaocaiaya:20190829115116p:plain

 

確かに、自分が「お祝いしたい」と思ってずっと一方的にお祝いしてきたけど、本人的にはどう思っているのか気になるところですよね。

ウチの祖母みたいにもう90歳ともなれば「敬老」と言われても特に違和感ないんでしょうが、50代、60代で孫がいる方だと「おばあちゃん」なのは事実だけど、「敬老」と言われると「まだ早いよ!」と思う方も多いのではないでしょうか?

さてさて、世のおじいちゃん・おばあちゃんのホンネやいかに…?

 

 

 

『敬老の日 ホンネ調査』でわかった本音とは!?

今回「楽天市場」では孫を持つ60~64歳、65~69歳、70歳以上の男女各100名、合計300名を対象に『敬老の日 ホンネ調査』を実施しています。

敬老の日のお祝いをすると「いつもありがとう」と喜んでくれるおじいちゃん・おばあちゃんだけど、ホントのところどう感じてるのか気になりますね!

では早速結果を見てみましょう!

 

「敬老の日」を祝われて嬉しいシニアは7割

敬老の日は国民の祝日に関する法律で「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨として制定された祝日です。

敬老の日に祝われることに対して60歳以上の男女の約7割が「嬉しい」と回答。

やっぱりお祝いしてもらうのは嬉しいものなんですね。

一方で、実際に祝ってもらったことがあるのは60歳以上の男女の約3割。

それぞれ事情があるとは思いますが、「祝ってもらえたら嬉しいけど、実際に祝ってもらったことはない」というケースもあるんですね。なんかちょっと寂しい…。

 

f:id:xiaocaiaya:20190829132335p:plain

 

一定の年齢になると祝ってもらえる…?

敬老の日を祝ってもらったことがあると答えた3割の人たちに、初めて敬老の日を祝ってもらったきっかけについて聞いてみると、次のような結果になりました。

 

f:id:xiaocaiaya:20190829133247p:plain

 

1位は「特定の年齢になったから」で、敬老の日デビューするシニアの平均年齢は64.5歳とのことでした。

2位~4位は孫に関すること、5位は子供の結婚がきっかけということで、なんとなく義実家との関係が見え隠れするような気がしてしまうのは私だけでしょうか…(^_^;)

もちろん純粋にお祝いしているご家庭の方が多いと思いますけど。

 

 

祝われる側の「貰って嬉しいもの」ホンネはコレ!

これはなかなか面白い比較です。

祝う側が選ぶギフトと、祝われる側が貰って嬉しいもの。

※祝う側は20~59歳の男女300名を対象に調査

この結果だけ見ると概ね祝う側と祝われる側の意見が合致しているように見えます。

 

f:id:xiaocaiaya:20190829134436p:plain

 

ただ、問題は比率。

例えば祝われる側の1位になっている「一緒に過ごす時間」ですが、もしかしたら9割の方が「孫と一緒に過ごすのが一番嬉しい」と思っていて、残りの1割が2~5位のグルメや花のギフトを希望していたとします。

そして、祝う側も同じように9割の方が1位の「花ギフト」を選んでいたとしたら…。

実際に孫と一緒に過ごすことができるのはごく少数…。

1位に9割というのは極端な例えですが、ありえない話ではないですよね(-_-;)

願わくば、多くの皆さんの望みが叶うことを祈ります…。

 

そうは言っても、遠方に住んでいてなかなか直接会うことは難しいというケースもあるでしょうし、夏休みに帰省したので敬老の日はプレゼントを贈るだけにしている、というケースもありますよね。

そんな方は次のおじいちゃん・おばあちゃんに聞いた「敬老の日」に貰って嬉しいギフトを参考にしてみて下さい!

 

「敬老の日」に貰って嬉しいギフト

おじいちゃん・おばあちゃんが「敬老の日」に貰って嬉しいギフトBEST5

 

おばあちゃん編

1位 花ギフト

2位 スイーツ

3位 グルメ

4位 フルーツ

5位 ファッション

 

やっぱりお花は鉄板ですね!

楽天でも1位と2位を合わせた花&スイーツのギフトやブリザーブドフラワーなどが人気があるようです。

 

 

おじいちゃん編

1位 酒

2位 スイーツ

3位 グルメ

4位 花

5位 フルーツ

 

男性にはやっぱりお酒が人気のようです。

普段は飲めない変わったお酒や、つまみにできるグルメギフトなども喜ばれそうです。

 

 

もっと詳しく知りたい方は楽天市場の特集ページへ! 

⇒ 『敬老の日特集』

⇒ 『敬老の日 ホンネ調査』

⇒ 『敬老の日に貰ったら嬉しいBEST5』

 

 

感想まとめ

おじいちゃん・おばあちゃんが敬老の日に一番欲しいものが「一緒に過ごす時間」 という調査結果を見て、ウチもきっとそうなんだろうなぁと改めて思いました。

祖母は現在広い実家に一人暮らし。

毎日叔父(祖母にとっては三男)が様子を見に来てくれるけれど、大半の時間を一人で過ごしているからか、私達が遊びに行くとそれはそれは喜んでくれて、滞在中はお喋りが止まることがありません。

意識せずに毎年行っていた食事会も、祖母にとっては一番のプレゼントだったのかもしれないですね。

いつまでも祖母には元気でいて欲しいので、長寿を願って毎年の食事会の開催と、祖母の好きなお花を贈り続けたいと思います。

 

 

では!