アラフィフママの雑記ブログ

4歳差姉妹(小3&年中)の育児に奔走するアラフィフワーママの雑記ブログ。

鬼滅の刃「全集中展」に行ってきました!②

f:id:xiaocaiaya:20210120153411j:plain

こんにちは、あやぞうです。

 

引き続き鬼滅の刃「全集中展」のレビューです。

前回は柱たちからの激励が聞ける特別訓練ブースまでの感想をまとめました。

次のブースはいよいよ鬼の登場です!

 

鬼ブース(?) 

柱たちの訓練を受け、いよいよ鬼たちのブースへ!

壁一面に描かれた等身大イラストと、鬼たちのセリフに圧倒されます。

f:id:xiaocaiaya:20210120152851j:plain

あれ?でも手鬼ってもっと大きくなかった…?

このパネルの反対側(画像左側)では無限城が部分的に再現されていて、視覚効果でまるで本当に無限城を覗き込んだような演出に感動…!

これミラーハウスとプロジェクションマッピングとかで実物大に再現したら凄そう。

残念ながら撮影不可だったので、もし機会があったらぜひその目でご覧いただきたい!

 

また、こちらも撮影不可でしたが壁には鬼たちの原画も展示されていて、ここでもしばし見入ってしまいました(´艸`*)

 

水の呼吸フォトスポット

鬼のブースを抜けると突然現れる水の呼吸フォトスポット。

ここでは水の呼吸のエフェクトの前で自由に記念撮影ができます。

次女もその気になってパチリ☆

f:id:xiaocaiaya:20210120153025j:plain 

長女はこういうのは恥ずかしがってやってくれないんですよね~。

観光地の変な顔ハメとかは大好きなんだけど。←コッチの方が恥ずかしくないんかね?

 

那田蜘蛛山ブース

次は全集中展イチの見どころ!

このブースでは「那田蜘蛛山の戦いの記録」と題した映像が扇状に広がるスクリーンいっぱいに映し出され、那田蜘蛛山での死闘を迫力の画像で振り返ることができます。

最初は立って見ていたけれど、途中から「これは座った方がいいのでは?」と思ってしゃがみ込んでみたら、大正解!

視点が低くなることで視界いっぱいに画面が広がって物凄い臨場感!

まるで水の呼吸やヒノカミ神楽のエフェクトの中に入り込んでしまったようなド迫力を体感することができました。

これから全集中展に行くという人は、絶対に座って見ることをおススメします!

※当然ながらここも撮影NGでした。

 

アイキャッチ全集

映像が終わって次に進むと、今度は両側にアイキャッチの画像がズラッと並んでいました。CM入り&明けの時にシャキ~ンって音と共に差し込まれてる画像ね。

アイキャッチ画像もまた独特なタッチですごく素敵なんですよね~。

そういえば何話だったか覚えてないけど、まったく同じアイキャッチを使ってる回があったなぁ(禰豆子)。何か意味があるんだろうか…?

あと、時々横向きだったりするよね。

そしてここも撮影NGでした。

 

無限列車ブース

続いては今話題の無限列車のブース。

こちらは撮影OK!

f:id:xiaocaiaya:20210120152958j:plain

 

f:id:xiaocaiaya:20210120153008j:plain

公開中の映画「無限列車編」のパネル展示と、予告動画が放映されていました。 

煉獄さーん…ッ! (´;ω;`)ウゥゥ

 

キメツ学園ブース 

無限列車ブースを抜けると、突然現れるのがキメツ学園ブース。

f:id:xiaocaiaya:20210120153037j:plain

 

キメツ学園の校内では富岡先生が自己紹介をさせるシーンが再現されていました。

f:id:xiaocaiaya:20210120153156j:plain

真正面に座る次女と、恥ずかしがって避けてるつもりがバッチリ写ってる長女w

 

横にあった本棚には「こきゅうのしくみ」の本が…。

呼吸の仕組みは学校で習えるんですねw 

f:id:xiaocaiaya:20210120153228j:plain

 

ufotable色紙展示ブース

最後はアニメ鬼滅の刃を手掛けたufortableのスタッフ68名による描きおろし色紙壁一面にズラリと並ぶ色紙展示ブース。

いや~、ここは圧巻でした!

とにかくみんな凄く素敵で、人によってタッチや雰囲気が違うのもまた興味深く、長女と二人で思わず見惚れてしまいました。

次女が疲れて騒ぎ出したのであまりゆっくり見れなかったのが残念ですが、一人で来てたらたぶんココだけで1時間過ごせる。

 

物販会場

今回は場所の都合からか、展示会場と物販会場が別の建物での開催となっていました。

展示会場は遠鉄百貨店の新館8階でしたが、物販会場は旧館8階。

直接つながっていないので、一旦6階まで降りて連絡通路を渡って再び8階へ上がります。

開催開始からだいぶ経っていたため、目ぼしいグッズはほぼ完売。

まぁ今回はそんなにグッズを買うつもりではなかったので、記念にということで指人形を子供たちにひとつずつと、仕事の都合で途中で先に退出した夫にTシャツを、自分用にはトートバッグを買いました。

 

物販会場を出たところでこんなものが。

f:id:xiaocaiaya:20210120153245j:plain

「うなぎパイとお客様の絆は誰にも引き裂けない!!」

って、乗っかり過ぎでしょ(^_^;)

 

あー、でも他所から来た人はお土産に買ってくのかな?

我々浜松人はだいたい年に数回はどこかから貰うので自分ではわざわざ買いません。

ちなみに今我が家には新年のごあいさつで頂いたうなぎパイがありますw

 

まとめ

以上、鬼滅の刃「全集中展」のレビューでした。

こういう展示イベントって、結構「あー、こんなもんか」って期待外れなことが多いけど、この全集中展はかなり見ごたえがあって、どちらかというと子供よりも大人の方が楽しめる内容かなと思いました。

これから行く予定の方は、期待を裏切らない内容だと思いますよ♪

コロナの緊急事態宣言もあるのでもしかすると延期や中止になってしまうかもしれませんが、少しでも早く事態が落ち着いて無事開催されることを祈っています。

 

 

では。