アラフォーママの雑記ブログ

4歳差姉妹(小1&3歳)の育児に奔走するアラフォーワーママの雑記ブログ。

車のタイヤがパンクしてたのに半年も気付かなかった話。

f:id:xiaocaiaya:20180709150930j:plain

こんにちは。アラフォーママのあやぞうです。

 

ブログを立ち上げたばかりの頃に縁石に乗り上げた話を書いたんですが、今日はその後日談を。

 

事の流れはまずこちらの記事をご覧ください。

mamazakki.hatenablog.com

 

まぁ簡単に説明すると、車で縁石に乗り上げて後輪のホイールが曲がっちゃったって話なんですけど、実は最近になってようやくタイヤがパンクしてることが判明して、今日のお昼休みにパンク修理を終えたところ。

 

縁石に乗り上げたのが1月のことなので、もう半年近く経ってやっと直しましたw

 

この半年の間、ずーっと破損したのはホイールだけだと思ってたので、今になってパンクしてたことが判明して本人もそこそこ驚いています(^_^;)

 

 

最初の異変

とりあえず乗り上げてからしばらくの間は、当初思っていたほど状況が悪化しなかったのでそのまま乗り続けていました。

普段から車通勤&車で送迎&買い物は毎日の日課なので車に乗らない日はなく、朝晩常に乗り続けていましたが、最初に感じたシューシュー音もなくなり、歪んだホイールの縁もパッと見わからない程度。

もうこのまま大丈夫なんじゃないかな~と安易に考えていたんですが、旦那と共通の知り合いが「鉄のホイールならなんとかハンマー(こういうのはホント疎いので名前すら覚えられなかった)で叩けばある程度直るよ」と言ってその「なんとかハンマー(いや、本当はハンマーすら間違いかも)」を貸してくれたので、時間のある時に旦那にお願いしてサクッと叩いておいてもらいました。

 

な~んだ、簡単に直るんじゃん、ラッキ~♪

なんて、それこそ簡単に考えてました。

 

 

ところが、それから数か月後。

なんだか例のタイヤだけ空気が抜けてきたような…。

 

そうこうしているうちに、かなり空気が抜けて微妙な感じに。

慌てて旦那に相談すると、

「とりあえずまず空気を入れてもらった方がいい」

と言われたのでガソリンスタンドで空気を入れてもらって様子を見ることに。

その時は特に何も言われなかったので、まだしばらくは大丈夫なのかな?と勝手に判断してそのままの状態でしばらく走り続けていました。

 

2度目の異変

それからまたしばらくは何事もなく普通に車を使っていました。

とりあえず次の点検の時期まで持ってくれればその時に相談してみよう、ぐらいの気持ちでいました。

ところがそれから1か月ほど経ったとき、2度目の異変が現れました。

 

その日は助手席と運転席の後ろにそれぞれ長女と次女を乗せ、助手席の後ろに私の母を乗せてみんなで出かけるところでした。

今思えば、出発した時点でなんとなく左側が下がっているような気がしてたんです。

でもその時はいつもは乗っていない母(かなり重いw)が乗ってるから、いつもより左が下がっているのかな?ぐらいに思っていました。

途中で飲み物を買おうとコンビニに車を停めたとき、ふと気になって例のタイヤを見てみると…

 

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

 

タ、タイヤがぺっちゃんこ…!!

 

もう明らかに異常としか言えないくらいタイヤの空気が抜けていたんです。

 

こ、これは緊急事態だ。

このまま走るのはもう絶対やばい。

 

…でも自分でタイヤ交換できない(´;ω;`)

教習所でタイヤ交換の実習やったのなんてもう20年も昔のことだもん。

それからいっぺんも自分で変えたことなんてないもん。

ムリーーーーーーーー!

 

JAF呼ぼうにも会員じゃないし、たぶんカードの保険かなんかでロードサービスあるけど、時間かかりそうだしめんどくさそうだし…。

 

よし、とりあえず最寄りのガソリンスタンドまでなんとか移動しよう!

 

ぺっちゃんこと言いながらも幸いまだ少し空気が残った状態だったので、とにかく急いで(でも慎重に)運転して一番最寄りのガソリンスタンドに向かいました。

 

ガソリンスタンドに着いて、店員さんに事の経緯を説明すると、

「たぶんホイールが曲がってるからそこから徐々に空気が漏れてたんじゃないかな?このまま空気入れてもう少し様子見てもいいけど、ホイール変えちゃった方が安心といえば安心かな~」

と言われ、 悩んだ結果どうせそのうち変えなきゃいけないだろうから変えちゃおう、ということになってその場でホイールを注文することに。

応急処置として車に付属してるスペアタイヤに付け替えてもらい、交換するタイヤはそのまま預けて交換品が届いたらタイヤをセットしておいてもらうことにしました。

 

翌々日には新しいホイールが届き、長い間気がかりだったタイヤ問題も無事解決♪

これで気兼ねなく遠出にも出かけられるようになりした。

 

 

…のはずが。

この後またまた問題が発生するのです。

 

3度目の異変発生

不安の種だったホイールも無事新品に交換し、それまで避けていたちょっと遠方へのドライブも再開。

「安心して走れるっていいよね~」

なんてのん気に運転していたのも束の間、ここで3度目の異変が発生するのです。

 

たまたま何かの拍子に例のタイヤにふと目がいき、その異変に気付きました。

 

あ…あれ…?また空気が減ってるような気が…。

 

おかしい。

ホイールだって変えたのに。

とにかくまたスタンドに行って相談しよう。

 

もう流石にこの状況に慣れてしまったので、今回はすぐにスタンドに持って行って状況を見てもらうことにしました。

 

「あー、パンクだね」

 

…やっぱり。

結局はホイールだけじゃなくてタイヤもダメだったってことか。

最初に旦那が言ってたのが正解だったってことか(;'∀')

 

もうこうなったらパンク修理してもらうしかないです。

しかも、修理ができる状態かどうかもわからないので、もし修理ができない状態ならタイヤ交換しかないと。

 

むむむ…。

それはイタイ。

お願いだから修理で済みますように…。

短冊にお願いを書きたい勢いでしたw

 

 

半年がかりでようやくパンク修理

で、ここまでが昨日のこと。

そして先ほど、お昼休みに近くのガソリンスタンドでようやくパンク修理をお願いしました。

やっぱり言われたことは同じで

「修理できない場合はタイヤ交換になりますので」

はい~、わかってます(; ̄ー ̄A 

 

…そして待つこと20分。

 

「できましたよ」

 

YES!

o(≧∇≦o)(o≧∇≦)oワーイ!

 

よかったー!なおったー!

今度こそなおったー!!

 

店員「あ、でもタイヤの溝が減ってきたらまた空気抜けてくるかもしれないんで、その時はタイヤ交換で」

 

 

=( ̄□ ̄;)⇒

 

ま、まぁそれはタイヤの寿命だから仕方ないよね。

店員さん曰く、まだ半年くらいは溝は持つらしいから、あと半年は安心して乗れる…てことでいいのかしら?

 

おわりに

てなわけで、なんとタイヤのパンクに気付くまでに半年もかかってしまったわけですが、そもそも何でタイヤを一番先に直さなかったのか今となっては不思議。

ホイールが歪んでるのが原因だって思いこんでたからな~。

そういえば、今になって前の時の記事読み返してみたら「よくよく見るとタイヤにうっすら亀裂が入っているような」って書いてあった(;^ω^)

なんだ、気づいてたじゃん。

なんで忘れちゃってたんだろ。

日々ドタバタ過ごしてると本当に忘れっぽくて困っちゃうゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 

とりあえず夏休み前になんとか一件落着して良かった、ってことにしとこうw

 

では。