アラフィフママの雑記ブログ

4歳差姉妹(小4&年長)の育児に奔走するアラフィフワーママの雑記ブログ。

ウイルス対策にも◎いつでもどこでも茶葉から淹れたお茶が楽しめる『Vitantonio ビタントニオ ツイスティー プラス』

f:id:xiaocaiaya:20200313112617j:plain

こんにちは、あやぞうです。

 

以前、緑茶がインフルエンザ予防に効果があるとご紹介しました。 

mamazakki.hatenablog.com

 

インフルエンザ予防に効果があるということは、新型コロナウイルスにも効果があるのでは…?と思って調べてみたら、確実に予防効果があるかは実証されていないものの、一定の効果が期待できるだろうということで、新型コロナウイルス予防対策としても緑茶うがいや緑茶の飲用をすすめる意見が多く見られました。

ということで、新型コロナウイルス予防に緑茶を飲みましょう!

 

「ペットボトルのお茶」と「茶葉から淹れたお茶」の違い

最近ではコンビニでも自販機でも、ペットボトルのお茶が簡単に買えるので、いつでも手軽に緑茶が飲めるようになりましたね。

ペットボトルのお茶と茶葉から淹れたお茶では味や香りが違うのはもちろんですが、お茶に含まれる栄養成分にも大きな差があります。

お茶にはカテキンやテアニン、カフェインなどの成分が含まれていて、中でもカテキンには抗菌・抗ウイルス作用があるといわれています。

急須などを使って茶葉から淹れたお茶にはこれらの成分がたっぷりと含まれているのですが、ペットボトルのお茶はその製造工程で栄養分が特に多く含まる沈殿物などを取り除いてしまうため、肝心の栄養成分はほとんど残っていないんだそう。

ウイルス予防や健康のために緑茶を飲むんだったら、より効果の高い「茶葉から淹れたお茶」を飲む方が断然いいそうです。

 

茶葉ごと持ち歩けるマイボトル『ツイスティー プラス』

茶葉から淹れたお茶がおすすめと言っても、なかなか外出先で茶葉からお茶を淹れて飲むのは難しいものですよね。

家で飲むにしても、今どき「急須なんて持ってないよ!」という人もいるでしょうし。

そんな時におすすめなのが、ワッフルベーカーで有名な調理家電ブランド「Vitantonio(ビタントニオ))」から発売されている『TWISTEAツイスティー』というティーボトル。

 

よくある茶こし付きのボトルだと時間が経つにつれてどんどん濃くなってしまうのが難点でしたが、こちらのボトルは茶こし部分がセパレート構造になっていて水分をしっかり分離することができるので、好きな濃さに調節することができてとっても便利なんです。

 

 

 

 

 

 

再度弁を開いてお湯を注げば2煎目 、3煎目も簡単に淹れることができるので、オフィスのマイボトルにもぴったりです。

 

茶こし部分は取り外せるのでお手入れもラクラク♪

 

実はウチの旦那さんも2年前から愛用しています。

我が家のボトルは旧型なので今より茶こし部分が少し小さいですが、とても使い勝手が良く毎日使っています。

2年間ほぼ毎日使用しても全然なんともない抜群の耐久性!

今は茶こしが大きくなってより茶葉が開きやすくなっているそうなので、これからの時期は水だし緑茶にも重宝しそうですね。

 

茶こしを外せばティーバック入りのお茶でもそのまま入れられますよ。 

 

持ち歩きはもちろん、家での作り置き用に何本か使っている人もいるそうで、大きいポットでは余ってしまうという人に人気なんだそう。

 

 

Vitantonio×リサ・ラーソン「ツイスティープラス」

f:id:xiaocaiaya:20200313112617j:plain

人気のリサ・ラーソンとのコラボによる新作ボトルも発売されています!

今まではシンプルな透明ボトルだったのが、リサ・ラーソンの代表的なイラスト「マイキー」や「はりねずみ」などがプリントされたにぎやかなデザインに。

誰かに自慢したくなるようなデザインと機能で、ランチタイムやティータイムが一層楽しくなりそうです♪

 

Vitantonio×リサ・ラーソンのツイスティーはTONKACHI STOREにて販売中。

 

まとめ

緑茶はステンレスのボトルに入れると酸化してしまうので冷ましてから入れないといけなかったんですが、このツイスティープラスなら熱々のお湯でもそのまま注ぐことができるうえに、直接茶葉から抽出するので正に「急須で淹れた味」を外でも味わえるのが嬉しいところです。

ウイルス対策にはペットボトルではなく茶葉から淹れたお茶を飲んだ方が効果的だそうなので、このボトルなら普段なかなか茶葉で淹れたお茶を飲まないという人でも気軽にトライできそうですね。

 私も自分用にリサ・ラーソンコラボのボトルを買おうかな?

 

 

では。